主催イベント

令和六年度(公社)全国公立文化施設協会 主催松竹特別歌舞伎中村獅童親子、初巡業!

2024年7月23日(火)  昼1回公演/13:30開演(12:30開場)

四国ではサンポートホール高松のみでの上演です!
どうぞお見逃しなく!!!

サンポートホール高松 3F大ホール

拡大PDF
拡大PDF
料金

全席指定 / 一般A席:6,000円  友の会A席:5,000円 B席:4,500円
      学生(中・高校生):3,000円 こども(4歳以上):2,000円

発売

【友の会先行発売】
〈WEBチケット先行発売〉
2024年5月8日(水) 9:00~
〈電話受付〉℡087-825-5008
2024年5月8日(水) 10:00~
〈サンポートホール高松プレイガイド窓口発売〉
2024年5月8日(水) 13:00~
【一般発売】
2024年5月15日(水) 9:00~

内容

04松竹特別歌舞伎-タイトル-横.jpg

01-松竹特別歌舞伎-紋付組写真名前あり-web.jpg写真提供・松竹

05松竹特別歌舞伎-演目.jpg

06松竹特別歌舞伎-配役.jpg

あらすじとみどころ

◆中村獅童のHOW TOかぶき

 江戸時代より四百年以上続く歌舞伎。「観てみたいけど難しそう」「観る前に知っておいた方がいいことはあるの?」 などの疑問にお答えしたり、俳優が化粧をし、衣裳を着け、鬘(かつら)をかけてお芝居の登場人物へと変身していく模様を実際にご覧いただいたりと、盛りだくさんの内容でお届けします。お子さまや歌舞伎初心者の方にもお楽しみいただけるよう、歌舞伎ファンの方にはより興味をもっていただけるよう、歌舞伎ならではの表現方法や約束事を分かりやすくお話しいたします。


◆鞘當

 桜が満開の江戸吉原仲之町。華やぐ廓のなかでもひときわ目を引く、雲に稲妻模様の羽織着流し姿の不破伴左衛門と、雨に濡れ燕模様の着物の名古屋山三がやって来ます。二人はすれ違い際、腰に差した互いの刀の鞘が当たったことから斬り合いとなりますが......。  荒事味ある伴左衛門と和事味漂う山三、対照的な演技と風貌の二人による「渡りぜりふ」が聴きどころです。歌舞伎の色彩美と様式美に富んだ華やかな一幕をお楽しみください。


◆供奴

 主人のお供で新吉原へやって来た奴が、威勢のいい掛け声とともに、大きな提灯を掲げて勢いよく駆けて来ます。奴は主人の姿を探しながら、主人の伊達で粋な様子を自慢げに語り、その姿を真似て得意気に踊ります。  軽快な音楽とキビキビとした奴の動きが心地よい舞踊で、特に三味線と鼓に合わせて足拍子を踏む場面が一番の見どころです。


◆橋弁慶

 武蔵坊弁慶は、京の五條橋を渡る者に斬りかかる少年の噂を聞き、自らが退治しようと橋へ向かいます。やがて、弁慶の前に牛若丸が現れると、弁慶は薙刀をふるって挑みますが、牛若丸は攻撃を軽やかにかわし、翻弄します。とうとう打ち負かされた弁慶は、主従の契りを交わし、牛若丸の家臣となるのでした。  弁慶と後に源義経となる牛若丸の出会いを題材にした作品で、勇猛な法師の弁慶が、優美な牛若丸に翻弄される立廻りが見どころです。弁慶を獅童、牛若丸を陽喜が勤める、親子共演にも注目です。

松竹特別歌舞伎_扮装組写真_WEB用.jpg

【プロフィール】

獅童.jpg

中村 獅童(なかむら しどう)  萬屋

1972年9月14日生まれ。初世中村獅童の長男。祖父は三世中村時蔵。81年6月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』御殿の豆腐買おむらの娘おひろで二代目中村獅童を名のり初舞台。

種之介.jpg

種之助(なかむら たねのすけ)  播磨屋

1993年2月22日生まれ。中村又五郎の次男。9810月国立劇場『佐倉義民伝』宗吾次男徳松で初お目見得。99年2月歌舞伎座『盛綱陣屋』の盛綱一子小三郎盛清で初代中村種之助を名のり初舞台。

はるき.jpg

(なかむら はるき)  萬屋

2017年1218日生まれ。中村獅童の長男。221月歌舞伎座『祝春元禄花見踊』の奴喜蔵で初お目見得。246月歌舞伎座で初代中村陽喜を名のり初舞台。

ちょうし.jpg

蝶紫(なかむら ちょうし) 萬屋

1969年生まれ。93年4月歌舞伎座『元禄忠臣蔵』大石最後の一日の細川家諸士で中村蝶紫を名のり初舞台。2002年1月から中村獅童一門となる。0712月歌舞伎座『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の日本人遊女松島で名題昇進。

くにや.jpg

國矢(さわむら くにや) 紀伊国屋

1978年生まれ。88年7月歌舞伎座『義経千本桜』の子狐で本名で初舞台。95年5月金丸座『吉田屋』の吉田屋の若い者で澤村國矢を名のる。2010年2月歌舞伎座『籠釣瓶花街酔醒』の若い者千吉で名題昇進。

しいち.jpg

獅一(なかむら しいち) 萬屋

1981年生まれ。2001年1月浅草公会堂『一條大蔵譚』の仕丁で本名で初舞台。4月中村獅童に入門し、御園座『小笠原騒動』の従者・供侍ほかで中村獅一を名のる。


★02文字なし小.jpg

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等間ネットワーク強化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

主催/公益財団法人高松市文化芸術財団、高松市
後援/高松市教育委員会 共催/四国新聞社
お問合せ/サンポートホール高松 (公財)高松市文化芸術財団
〒760-0019 高松市サンポート2番1号
TEL 087-825-5010(平日9:00~18:00)

プレイガイド

●サンポートホール高松プレイガイド/TEL087-825-5008
(年末年始・臨時休館日以外無休9︓00〜18︓30)
●サンポートホール高松WEBチケット/ ご利用方法
 ※事前に利用登録(無料)が必要です。
●ローソンチケット(ローソン・ミニストップ)
 Lコード62034
●チケットweb松竹
●高松市役所生協(平日のみ)
TEL087-839-2043
●香川県庁生協(平日のみ)
TEL087-832-3822
●県民ホールサービスセンター(レクザムホール)
TEL087-823-5023


※車椅子席・介助者席はサンポートホール高松プレイガイド
(TEL087-825-5008)までお問い合わせください。

その他

※諸事情により記載内容が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

主催イベント一覧