主催イベント (お問い合わせ TEL 087-825-5010)

(The Christmas Tour)
小曽根真 THE TRIO クリスマス・ツアー

2018年12月15日(土)18:30開演

  • 大ホール

WEB(空席情報)パソコン

WEB(空席情報)スマホ・携帯

料金
全席指定 /一般5,000円 友の会4,800円
      学生2,000円
※未就学児入場不可
発売
友の会9月14日(金)一般9月21日(金)
内容
人気No.1ジャズ・ピアニスト小曽根真と、
最強のリズムセクションによる"THE TRIO"が贈る
珠玉のクリスマスプレゼント


1997年~2007年にかけてアコースティック・ジャズ・シーンを牽引した人気ユニット"小曽根真 THE TRIO"が2017年に待望の復活! No Name Horsesなど数多くのプロジェクトを成功させてきた小曽根真(p)、ハービー・ハンコック等のバンドで演奏してきたジェームス・ジーナス(b)、マリア・シュナイダー・オーケストラの一員でもあるクラレンス・ペン(ds)が、3人でしか表現しえないサウンドを紡ぎだします。「ジャズ=難解」というイメージを覆す、THE TRIOならではの自由でしなやかな音楽性は今回も健在。豊かな経験を積んだ彼らの、最高峰のトリオ・ジャズにご期待ください!


【最新アルバム情報「ディメンションズ」】
小曽根THE TRIOのオリジナルニューアルバムが12年ぶりに発売。2017年2月にニューヨークにて録音。全曲が小曽根のオリジナル。「タイム・スレッド」を除き全曲が今回のための書き下ろしです。
title=

小曽根真 THE TRIOプロモーションビデオ
<ミラー・サークル / Mirror Circle>







出演者
小曽根真THE TRIO(Makoto Ozone THE TRIO)
1997年小曽根真がジャズの基本とも言えるトリオで自身の音楽の追求を目指して結成したザ・トリオ。結成から2007年までの10年間、ジェームス・ジーナス(ベース)、クラレンス・ペン(ドラム)という米国で最も高く評価され、来日を重ねているトップミュージシャンとともに、ツアー、レコーディングを展開した。その後約10年間活動を休止し、2017年に再始動。12年ぶりのアルバム‘ディメンションズ’をリリースし、久々の日本ツアーを催行。長い時を経て、メンバーそれぞれの活動で培ってきたキャリアが熟成し、この3人でしか表現できないサウンドを紡ぎだし話題となった。
2018年5月ヨーロッパツアーを経て、12月の再来日に期待が高まっている。
近年クラシックのフィールドでも世界的な活躍を続ける小曽根真をリーダーとし、ジャンルを超えた多彩な才能がこのトリオに集約されていると言っても過言ではない。このトリオならではの自由でしなやかな音楽性は、ジャズファンのみならず多くの支持を得て、益々注目されている。

title=


小曽根 真<ピアノ> Makoto Ozone
1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。
ソロ・ライブをはじめゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なトッププレイヤーとの共演や、自身のビッグ・バンド「No Name Horses」を率いるなど、ジャズの最前線で活躍。また、クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、サンフランシスコ響等、国内外の主要オーケストラと共演を重ねる。
2016年には、チック・コリアとの日本で初の全国デュオ・ツアーを成功させ、17年にはゲイリー・バートンの引退記念となるツアーを催行。また、11月にはニューヨーク・フィル定期演奏会に招かれ、バーンスタインとガーシュインを熱演。このライブ録音は18年3月、「ビヨンド・ボーダーズ」と題して、小曽根真の初のクラシックアルバムとしてリリースを果たす。
映画音楽など、作曲にも意欲的に取り組み、多彩な才能でジャンルを超え世界的な躍進を続けている。2018年紫綬褒章受章。 
<オフィシャル・サイト>

title=


ジェームス・ジーナス<ベース> James Genus
NYブルックリンを拠点に国内外で活躍し、ウッドとエレキ両方を超絶に操る数少ないベーシストの一人。ブレッカー・ブラザーズ、チック・コリア、ハービー・ハンコック、ボブ・ジェームス、デビッド・サンボーン、ホイットニー・ヒューストン、ジョン・スコフィールド、アニタ・ベイカー、ヴァネッサ・ウィリアムス、ダフト・パンクなど、正統派ジャズからテクノまで、ジャンルの垣根を超えて数多くのアーティストと共演。ツアーやレコーディングで多忙な中、アメリカの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」のハウス・バンドのメンバーも務める、実力派アーティスト。日本にも毎年のように来日を重ねている。

title=


クラレンス・ペン<ドラム> Clarence Penn
デトロイト出身。若干16歳にしてウィントン・マルサリスの勧めにより、彼の父エリス・マルサリスに師事、師弟関係を経て同氏のトリオに抜擢。96年、メジャー・ジャズ・レーベルCriss Crossから1stアルバム「Penn's Landing」をリリース。同作は翌年、NYタイムズ紙のジャズ批評家選、”ベスト10アルバム”の一枚に選出される。
骨太で堅実、カリスマに溢れるドラミングで、多くのアーティストに愛される。ベティー・カーター、エリス・マルサリス、ウィントン・マルサリス、フレディー・ハバード、フォープレイ、ディジー・ガレスピー、ロバータ・フラック、マイケル・ブレッカー、ダイアン・リーブスなど、名だたるアーティストのツアーやレコーディングに参加。 現在「最も忙しいドラマー」の一人である。
<オフィシャル・サイト>

title=
プレイガイド
サンポートホール高松 1階 プレイガイド
 TEL087-825-5008
(9:00~18:30年末年始・臨時休館日以外無休)
★サンポートホール高松WEBチケット ご利用方法
 WEB(空席情報)パソコン WEB(空席情報)スマホ・携帯
サンポートホール高松友の会「さんぽーとCLUB」会員の先行発売、割引は、サンポートホール高松プレイガイド、WEBチケットでのご購入に限ります。
車椅子・介助者席は、サンポートホール高松プレイガイドのみで販売します。
※サンポートホール高松プレイガイドおよびWEBチケットでのご購入は、1回につき8枚まで、1日に3回までです。

★四国新聞社事業室(平日のみ)           TEL087-811-2300
★高松市役所生協(平日のみ/市役所地下1階)     TEL087-839-2043
丸亀市綾歌総合文化会館[アイレックス](水曜休館) TEL0877-86-68001
ローソンチケット Lコード63296(ローソン・ミニストップ)
その他
共催/四国新聞社
後援/高松市教育委員会


友の会先行発売初日:9月14日(金)
窓口販売/9:00~ WEBチケット/11:00~
電話予約/13:00~(9月15日以降は9:00から受け付けます)
※窓口でお買い求めの方は、必ず会員証をお持ちください。
※9月14日は窓口での友の会の入会・更新はできません。銀行振込またはWEBチケットにて入会・更新をされる方は9月4日(火)まで、窓口での手続きは前日までにお済ませください。

小曽根真 THE TRIO クリスマス・ツアー 拡大(PDF)

イベント情報

最近のエントリー
こどもの日のこどものためのコンサート
「家族みんなで歌合戦」出演者募集♪
こどもの日のこどものためのコンサート
オリジナルミュージカル
「ザ・デイサービス・ショウ~It's Only Rock'n Roll~」
瀬戸フィルティータイムコンサート
~夏まつりinおばけ村~
サンポートホール高松 音楽お届け便
「七夕コンサート」
演劇どっとこむ ミニ発表会
夏休み 親子で楽しもう サンポートホール高松 施設見学会
第8回サンポートホール高松
デビューリサイタル出演者募集
音楽の絵本
~親子のためのクラシックコンサート~
南里沙クロマチックハーモニカ
「星に願いを」
Shionと学ぼう
中高生のための木管クリニック
NHK全国放送公開番組
「NHKのど自慢」
宝くじまちの音楽会 南こうせつwithウー・ファン
心のうたコンサート
加藤登紀子 「ほろ酔いコンサート 2018」
小曽根真 THE TRIO クリスマス・ツアー
落語
春風亭一之輔 独演会
第12回わくわくコンサート
年度別アーカイブ
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度